パパコソダテル

仕事よりも子育て最優先な2児のパパが「パパにもできる子育て」について様々な情報を配信中

【子連れでお出かけ】よこはまコスモワールドでキディライドに乗ろう

今回は、4歳になったばかりの娘と1歳7ヶ月の息子を連れて、みなとみらいにある、「よこはまコスモワールド」に行ってきたので、良かった点をまとめてみました。

子供たちも「キディライド」にたくさん乗って大満足です!

よこはまコスモワールドってどんなところ

よこはまコスモワールドへの行き方

電車で行く場合
  • JR根岸線・市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩 約10分
  • みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩 約2分
車で行く場合

車で行く方は要注意です!

よこはまコスモワールドには、専用駐車場がありません!

近隣の公共駐車場などを利用するしかないようです。

---横浜市内駐車場案内システム---

地図検索結果│iPosNetリアルタイム駐車場情報

入場料

よこはまコスモワールドは入場料が無料です。

アトラクション毎に料金が決まっていて、全アトラクション共通(一部除く)プリペイド式チケットの残額から、アトラクション料金を差し引いていくスタイルです。

単券

100円から900円までのものがあります。

回数券

1,100円、2,300円、3,500円の3種類があります。

こちらは販売価格より使える金額が高い、とてもお得なチケットです。

1,100円回数券→1,000円で販売100円お得
2,300円回数券→2,000円で販売300円お得
3,500円回数券→2,800円で販売700円お得

公式HPにお得なクーポン券あり

回数券そのものもお得ですが、もっとお得なのが公式HPに掲載されているクーポン券です!

事前に印刷して持っていく必要がありますが、アトラクションに乗るなら必ず持っていくことをオススメします。

2,300円回数券→1,800円(500円お得)
1,100円回数券→900円(200円お得)

とってもお得です!

アトラクション

ワンダーアミューズ・ゾーン

このゾーンには、大観覧車やジェットコースター、室内ライド系、お化け屋敷などがあります。

4歳の娘が乗れるようなものは少ないですが、このゾーンには、ダウンタウンというゾーンにゲームコーナーとキディライドがあります。

ブラーノストリート・ゾーン

こちらのゾーンでは、小さいジェットコースターなど、小学生くらいの子供向けの乗り物があります。

身長制限(120センチ以上)がある乗り物が多いので、こちらも4歳の子供が乗れるものは少ない印象です。

キッズカーニバル・ゾーン

4歳と1歳7ヶ月の子どもが遊ぶならこのエリアです。

メリーゴーランド、サイクルモノレール、バッテリーカー、サファリペットと、ここにもキディライドがあります。

いざ、よこはまコスモワールドへ

この日は、午前10時過ぎにみなとみらい駅に到着し、午前中は「MARK IS みなとみらい」で遊び、フードコートでお昼を食べてから、ワールドポーターズに行き、午後3時頃によこはまコスモワールドに着きました。

ワールドポーターズ側から行ったので、最初にジェットコースターや急流すべり等の絶叫マシンがあるワンダーアミューズ・ゾーンを見に行ってみました。

このエリアにもキディライドがあるので、娘は楽しく遊んでいたのですが、息子はジェットコースターの音と絶叫マシンに乗っている方々の叫び声で終始ビビりまくり。

結局、息子の「怖い」の一言で、キッズカーニバル・ゾーンに移動することになりました。

キッズカーニバル・ゾーンに移動してからは、次の乗り物に乗りました。

  • メリーゴーランド(300円×2人)
  • サイクルモノレール(300円×2人)×2回
  • バッテリーカー(200円)
  • キディライド(200円)×5

ここで、ちょっと注意が必要なのが、メリーゴーランドは6歳未満は付添の人が必要で、かつ、付添の人も300円かかるということ。

4歳だと、子供が一人きりで乗れるアトラクションはないため、注意が必要です。

娘はサイクルモノレールが一番お気に入りだったらしく、ママと2回乗っていました。


サイクルモノレール楽しそう

その間、1歳7ヶ月の息子はパパとお留守番でしたが、キディライドシリーズにはお姉ちゃんと楽しそうに乗っていました。

よこはまコスモワールドに行って良かった点

日曜日でもかなり空いている

今回は日曜日の午後に行きましたが、とにかく空いています。

なんと、アトラクションの待ち時間はありません!

みなとみらい周辺には、ランドマークタワー、マークイズ、ワールドポーターズ、赤レンガ倉庫、カップヌードルミュージアムなど、徒歩圏内に魅力的な施設がたくさんあるため、遊びに来ている人たちがかなり分散されているようです。

施設内は、とてものんびりした雰囲気が流れているので、小さな子供連れでもゆっくりと過ごすことが出来ます。

入場料が無料でアトラクションもリーズナブル

入場料は無料ですし、4歳くらいの子供が乗れる乗りもは100円から300円程度なのでとてもリーズナブルです。

子供が「あれ乗りたい」「これ乗りたい」となったとしても、思う存分遊べますね。

キディライドがたくさんある

私が小さい頃は、よくデパートの屋上で見かけたような記憶がありますが、最近ではほとんど見かけなくなりました。(少なくとも私が今住んでいる都内近辺では見たことがありません。)

今は、アトラクションと言えば、3D、4Dが当たり前ですが、4歳くらいの子供にとっては、このキディライドってものすごく魅力的なんです。

今回、うちの子供も計5回以上乗ってますしね。


大好きなアンパンマン


電車も楽しそう

パーク内にはかなりの種類のものが設置されていたので、小さな子供は絶対に喜ぶと思います。

周辺にも遊べる・食べる施設がいっぱいある

前述した通り、周辺には徒歩圏内に様々なスポットがあるので、みなとみらい周辺で一日中遊ぶことができます。

小さな子供がいると、移動って本当に大変なので、これはパパさんママさんにとってはありがたいことですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

結局、我々は午後3時頃から夕方5時半頃までの2時間半をよこはまコスモワールドで過ごしました。

こんな施設があったら毎週のように子供を連れて来てしまいそうです。

キディライドに乗っている子供の嬉しそうな笑顔を見ていると、こんな無邪気に喜んでいた時が、自分にもあったんだろうと思ってしまいました。

そして、少しでも多くの時間を家族で過ごせるように、パパ頑張る!と改めて思えた週末でした。

これから暑くなって日中の外出が厳しくなる前に、外で子供と思いっきり遊びましょう!